HOME    >    

植物乳酸菌

植物乳酸菌

「植物乳酸菌」とは

植物乳酸菌は強い


プロバイオティクス・善玉菌の代表といわれる「乳酸菌」には、大きく2つの種類があります。

ひとつはヨーグルトやチーズなどに含まれ、主に人間や動物の腸管や乳など栄養豊富な環境に生息する「動物乳酸菌」。

もうひとつが野菜や果物などの表面に生息する「植物乳酸菌」です。植物には糖分などの乳酸菌の生育に必要な栄養に乏しく、かつ猛暑や厳寒にさらされます。過酷な自然環境でも生育するため、植物乳酸菌は動物乳酸菌に比べて胃酸や胆汁などの消化液に耐えて、生きて腸まで到達する確率が高いといわれています。

植物乳酸菌ラクトバチルスプランタルム 

また、植物乳酸菌は漬物や味噌などの発酵食品に古くから利用されてきた日本人になじみ深い乳酸菌でもあります。ぬか漬けや野沢菜漬けなどは、野菜の表面に生息している植物乳酸菌を利用して発酵させた伝統食品です。昨今多くなった調味液で味つけした漬物ではなく昔ながらの発酵漬物は、しばらくおいておくと酸味が強くなりますが、これは乳酸菌が発酵によるつくりだす「乳酸」によるものです。

昔のひとは微生物や発酵のメカニズムを理解していなくとも、保存性を高め、味をよくし、健康をサポートしてくれる植物乳酸菌の効果を知っていたのではないでしょうか。

「プロバイオティクス」とは

「プロバイオティクス(英:probiotics)」とは、生きている乳酸菌・ビフィズス菌およびそれらを利用した乳酸菌飲料やヨーグルト(はっ酵乳)に代表される食品のことです。


日本のぬか漬けや野沢菜漬け、韓国のキムチなどの発酵漬物、ヨーロッパのザウアークラウトなども、生きている善玉菌の発酵を利用した発酵食品です。これら伝統的な発酵食品も「プロバイオティクス」といえます。


食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)の合同専門家会議は、プロバイオティクスについて2001年に「十分な量を摂取したときに、宿主に有益な効果を与える生きた微生物」と定義しています。一般的には、1989年にイギリスの微生物学者:フラー(Fuller)が定義した「腸内フローラのバランスを改善することにより、人に有益な作用をもたらす生きた微生物」という意味が広く受け入れられています。

主なプロバイオティクス乳酸菌

菌属 乳酸桿菌(ラクトバチルス)乳酸桿菌(ラクトバチルス) ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム) 連鎖球菌(ストレブトコッカス)連鎖球菌(ストレブトコッカス)
主な種類
  1. Lb.アシドフィルス
  2. Lb.カゼイ
  3. Lb.プランタルム
  4. Lb.ブルガリクス
  1. B.ビフィダム
  2. B.インファンティス
  3. B.ブレーベ
  4. B.アドレッセンティス
  5. B.ロンガム
  1. Lc.ラクティス
  2. Lc.クレモリス
  3. S.サーモフィルス
主な分布 腸管、膣、口腔 腸管 -
利用 乳酸菌飲料、チーズ、発酵食品、ヨーグルト 乳酸菌飲料、生菌剤など バター、チーズ、ヨーグルト
菌属
乳酸桿菌(ラクトバチルス)乳酸桿菌(ラクトバチルス)
主な種類
  1. Lb.アシドフィルス
  2. Lb.カゼイ
  3. Lb.プランタルム
  4. Lb.ブルガリクス
主な分布
腸管、膣、口腔
利用
乳酸菌飲料、チーズ、発酵食品、ヨーグルト
菌属
ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)
主な種類
  1. B.ビフィダム
  2. B.インファンティス
  3. B.ブレーベ
  4. B.アドレッセンティス
  5. B.ロンガム
主な分布
腸管
利用
乳酸菌飲料、生菌剤など
菌属
連鎖球菌(ストレブトコッカス)連鎖球菌(ストレブトコッカス)
主な種類
  1. Lc.ラクティス
  2. Lc.クレモリス
  3. S.サーモフィルス
主な分布
-
利用
バター、チーズ、ヨーグルト

PAGETOP